終活支援

遺言書のこと

のこされた家族にとって重みのある文書

終活のことを意識した時に、まずイメージされることの多い遺言書。
人生において遺言書が必要と思い立つシーンは、なかないはずです。
誰もが1度きりだからこそ、法的に効力のあるしっかりとした書類に。

こんな話題が気になり始めたら、ご相談ください。

  1. 「もっと早く認知症対策をしていれば...」
  2. 「親が元気なうちに、相続対策をしておければ...」
  3. 「家族で相続の話をするきっかけが難しい...」
  4. 「相続税のことが何となく不安...」

遺言書には、メリット・デメリットどちらもあります。それらを理解した上で、遺言書を作ることが大切です。ご本人様亡き後、ご家族の間で争いが起きないようにしていきたいですね。

成年後見人の選任

法定後見人

親(本人)が認知症・要介護認定がくだった状態が長引き、判断能力に欠けている。財産に関する法務処理が困難て支援が必要な状態にある。
そんな状態のため外に出ないよう気をつけていても、ふとした時にセールスマンの巧みなトークに釣られ、大事な土地を手放してしまった。そんなケースが実際にあります。
こんな時、その人に変わって取消ができたり、何らかの契約を結べる人を決める仕組みを、法定後見制度と呼びます。
その支援者を定める法務担当を、法定代理人といいます。

任意後見契約

先のような悲しい出来事を未然に防ぐための方法として、将来認知症などでご自身の判断能力が低下した際、ご自身の後見人になることを委任する契約が、任意後見契約です。
ご自身が元気なうちに、信頼できる方に、その人との間で財産管理などの契約を依頼することができます。
それにより、ある種の不安に備えることができます。

死後事務委任契約

新規法人のお客様も、すでに担当者がいるお客様も、ご相談を受け付けております。
経理関連のことがよくわからない場合や、業務効率化のためアウトソーシングをお考えでしたら、きっとお役に立てると思います。
お客様の身近な経営パートナーとなれるよう、経理面でサポートいたします。